アウトドアや花見に最適な3Dカップインコースターとは?立体型コースターの仕組みと価格も調査!

スポンサーリンク
生活

突然ですが、3Dカップインコースターって知っていますか?

2019年2月14のNHKおはよう日本「まちかど情報室」で紹介されていた立体型コースターです。

花見やバーベキュー、運動会などいろいろな場面で利用することが多い紙コップですが、外で使用したとき

  • 風で飛ばされた
  • シートなどにひっかかって倒れた

といった経験をしたことのある人、多いですよね。

そんな困った経験を生かし、アウトドアでも紙コップが倒れないように工夫されていて、コンパクトでもち運びにも便利な3Dカップインコースターをご紹介します。

 

スポンサーリンク

立体型コースターの仕組みは?

3Dカップインコースターは立体型コースターなので、簡単に言っちゃうとホルダーとかに入れるんでしょ?って思いますよね。

ホルダーはかさばるし、ジャマになるからイヤだなぁって思いますよね?

でもこの3Dカップインコースターは3つのパーツにバラバラになっているので、ちいさな巾着袋にいれて収納できるからかさばらないのです。

おまけに紙コップだけではなく、箸おきやようじ立てまであるのはとっても便利!

しかもホルダー部分は

  • 紙コップ用(φ58mm)
  • 缶用(φ70mm)

と2種類あるのもうれしいですよね。

画像引用元:http://fukuiro-kirari.jp/products/c-coaster.html 

お花見やアウトドアで紙コップや缶の上にお箸をおいておくと、風で飛んだりちょっとぶつかっただけで落ちちゃったりして困ったことありますよね。

そんな困ったこともばっちり解決しちゃう3Dカップインコースターなんです。

  • 本体サイズ:幅99×高さ48×奥行99mm
  • カップ部分:φ58mm(紙コップ用) φ70mm(缶用)
  • 材質:ステンレス
  • 重さ:約190g
  • パッケージ:リネン巾着袋

詳しくは「ふくいろキラリ」の中にある株式会社東工業をご覧ください。

※ふくいろキラリは福島県内のものづくり中小企業の製品開発から販売までトータルサポートをしているプロジェクトです。

 

 

3Dカップインコースターの購入方法と価格は?

春はお花見、夏はバーベキュー、秋は芋煮会や運動会などアウトドアにはとっても便利なアイテムの3Dカップインコースターはどこで売ってるんでしょうか。

製作会社は福島県白河市にある株式会社東工業(はこや)さんで、ネットから購入できることがわかりました。

3Dカップインコースター

画像引用元:http://fukuiro-kirari.jp/products/c-coaster.html

 

そして価格はこちら!オプションで柄や名前をいれることができます。

価格(税込)
3Dカップインコースター

カップサイズどちらか選択

  • φ58mm
  • φ70mm
3,240円送料(全国一律)

2個まで360円
3個から510円
※15,000円以上購入で送料無料

【オプション】
柄入れ(コースター板)
216円
  • 金魚
  • さくら
【オプション】
名入れ(右足部)
(文字フォント・サイズはおまかせ)
540円
  • ひらがな
  • カタカナ
  • アルファベット

※受注生産なので受注から出荷まで10日ほどかかります。
※柄入れ・名入れ不要の場合、在庫があればすぐに出荷可能です。

 3Dカップインコースターのまとめ

  • 風がふいても飛ばされない
  • 箸おきと楊枝立てもある
  • カップサイズは2種類(紙コップ・缶用)
  • オプションで柄や名前もいれることができる
  • たった3つのパーツに分解できるので収納のジャマにならない

ステンレス製なので丈夫ですし、家飲みでも使えそうですよね。

ぜひ、アウトドアの際には3Dカップインコースターを試してみませんか。

画像引用元:https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/hakoya_pride-1_2