国際バラとガーデニングショウ終了!2018年で終了の理由とは?

スポンサーリンク
イベント

1999年5月に日本初の本格的なバラとガーデニングの祭典として埼玉県所沢市のメットライフドームで毎年開催されていた「国際バラとガーデニングショウ」は、昨年2018年の第20回の開催を節目として幕を下ろすというニュースがありました。

国際的にも注目されていた国際バラとガーデニングショウ、毎年たくさんの来場者があったにもかかわらずなぜ、終了してしまうのでしょうか?

突然の終了の理由を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

国際バラとガーデニングショウ終了

公式サイトには2019年1月18日に重要なお知らせがありますと別ページにて終了のお知らせがありました。

公式サイト → 国際バラとガーデニングショウ ※公式サイトはなくなったようです。

公式の理由としては、使命・役割を果たすことができたので20回という節目で終わりにしたということです。

花卉(かき)業界最大規模のイベント、さらには西武鉄道沿線の文化的事業として、その使命・役割を果たすことができ、皆さま方に愛された「国際バラとガーデニングショウ」は第20回開催を節目として幕を下ろすことになりました。

出典:国際バラとガーデニングショウ

 

また、実行委員会によるとプロ野球の開催期間中に行われていたイベントだったため、日程調整が難航したのも終了の要因になったようです。

 

イベントとしてはガーデニングや園芸愛好家が増えたということなので、たしかに使命・役割は果たしたのでしょうね。

 

 

国際バラとガーデニングショウの評判や口コミ

毎年好評で来場者数も多かった国際バラとガーデニングショウですが、日程調整が難しいとか使命や役割を果たしたから~なんて言われてもなんかもやもやしますよね。

良い評判・口コミ

毎年とても楽しみにしている方のコメントが多かったです。

本当にバラ好きにはたまらない祭典でした。

新しいバラを観ることもできたり、苗を購入することもできる国際バラとガーデニングショウ規模の祭典は他ではないですからね。

スポンサーリンク

残念な評判・口コミ

何度も訪れている人からはだんだんよくない感じになっているという内容が目につきました。

当初に比べてマーケットスペースが多くなって商売メインと感じてしまう様子もあったようです。

すでに2018年の秋の段階でTwitterでは終了の話がでていたようですね。

それなら突然の終了というわけでもなかったのかもしれませんね。

 

国際バラとガーデニングショウ終了まとめ

20年間続いてきた国際バラとガーデニングショウのこれまでのことはいろんな業界や一般の方にとって、とても良い刺激を与えてくれていたと思います。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの影響がこんなところにもあるのかとちょっとバラ好きとしては残念です。

今後、他の所で同じような規模のイベントができるといいなぁと希望をこめて。

関係者の皆さま、お疲れさまでした。

公式サイト → 国際バラとガーデニングショウ

※2019年7月15日現在、残念ですが公式サイトはなくなっています。