羊文学(ひつじぶんがく)のメンバープロフィールは?年齢や出身大学・経歴も調査!

スポンサーリンク
音楽

2020年にブレイクすると言われている羊文学(ひつじぶんがく)は男女混合の3ピースバンドです。

  • 羊文学って個人の名前かと思ったw
  • メンバーの年齢や出身大学はどこ?
  • バンド名に意味はあるのかな?
  • どんな経歴のバンドなの?

2018年に配信限定でリリースした「1999」でやわらかくて、少しノイズ(?)かかった声に心地よいサウンドが特徴の楽曲なので一度は聴くことをお勧めします。

この記事では、羊文学のメンバープロフィールや経歴、バンド名の意味をまとめています。

メンバープロフィール

一部ではゆりかさんとフクダさんの出身大学が一橋大学というウワサがあるようですが、間違っていますのでご注意を。

 

塩塚モエカ(しおつか もえか)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moeka Shiotsuka(@hiz_s)がシェアした投稿

名前塩塚 モエカ(しおつか もえか)
担当ボーカル&ギター
生年月日1996年7月3日生まれ 25歳 ※2021年7月現在
出身校慶應義塾大学出身
その他塩塚モエカは本名を一部変更したもので、以前は「はいじ」と名乗っていた

 

河西 ゆりか

写真左がゆりかさんです。

名前河西 ゆりか(かさい ゆりか)
担当ベース&コーラス
生年月日1997年12月24日生まれ 23歳 ※2021年7月現在
出身校元the shes goneのドラムshono.n(現plam0(プラモ)の西岡昇之)と同じ大学だったらしい
その他元々はギターをやっていて、ベースは大学に入ってから始めた。
バンドに加入したきっかけは「Twitterのメンバー募集に応募」したこと

 

フクダ ヒロア

実は女性のドラムを探していた塩塚さんですが、フクダヒロアさんが「女の子に見えるからいっか」と羊文学に勧誘したそうです。

 

外見だけじゃないですよ。
リーガルリリーの動画をちゃんとみて勧誘したのよ。

名前フクダ ヒロア
担当ドラム&コーラス
生年月日1997年9月14日生まれ 23歳 ※2021年7月現在
出身校不明
その他・リーガルリリーのサポートドラムだった
・羊文学に加入したきっかけは「動画を見たメンバーからTwitterのDMで誘われたこと」
・ふっくー、福田ひろと名乗っていた時期もある
・よく女性に間違われるが、男性

 

羊文学(ひつじぶんがく)の経歴

バンド結成当初は5人組で、チャットモンチーや東京事変、9mm Parabellum Bulletなどのコピーバンドをやっていました。

2019年12月に生産限定盤で発売されたクリスマスシングル「1999/人間だった」が全国的なヒットを記録しました。

2011年9月 5人組のコピーバンドとして活動を開始
2012年7月 メンバー2人が脱退、このころオリジナル曲を制作し始める
2013年3月 1st demo を会場限定で発売
8月 初の自主企画「おやすみのアイロニー」を開催
この後、2015年3月まで大学受験のため活動休止
2015年9月 オリジナルメンバーのドラム脱退、フクダヒロア加入
2016年4月 初MV「春」を制作・公開
7月 FUJI ROCK FESTIVAL“ROOKIE A GO-GO”に出演
10月 初の海外公演「Next Music From Tokyo vol.9」カナダツアーに参加
オリジナルメンバーのベース脱退、ゆりか加入
2017年10月 初の全国流通CDを発売
2018年4月 初ワンマンライブ開催
2020年8月 FUJI ROCK FESTIVAL出演決定

 

ディスコグラフィー

発売日タイトル備考
2013年3月ミニアルバム〔デモ〕全6曲
2013年8月30日ミニアルバム〔デモ〕ファンファーレ(会場限定)全5曲
2015年12月22日ep〔デモ〕BiRTH.ep全4曲
2016年9月26日ep〔デモ〕BlUE.ep全5曲
2017年10月4日epトンネルを抜けたら全6曲
2018年2月7日epオレンジチョコレートハウスまでの道のり全4曲
2018年7月25日アルバム若者たちへ全11曲
2018年12月5日シングル1999 – single(配信限定)全1曲
2018年12月21日シングル1999 cassette tape (カセットテープ)全2曲
2019年7月3日epきらめき全5曲
2019年12月4日シングル1999全3曲
2020年2月5日epざわめき全5曲

 

TOWER RECORDSで探す

Amazonで探す

 

バンド名の「文学」は音楽だけじゃないことを表現した

2017年のインタビューでは、バンドを結成した高校1年生のとき、S.R.S(Sleeping Rag Sheep)が好きだったので、「」とつけたらいいなと思ったのと、音楽だけじゃないことを表現したく「文学」ってつけたと答えています。

2020年のインタビューでは、中学生の時に友だちと「イケてる感じのバンド名を出しあおう」とメールでやりとりをしていたときに、「英語でも日本語でも”羊”っていう言葉が入ってたらカッコいいような気がする!」と思ったそうです。その頃好きだったシガー・ロスの曲の世界観が大きく、そういう大きさをバンド名で表現できたらと思い「文学」という言葉を思いついたそう。

それで2つをくっつけ「羊文学」と洗面所でひらめいたんだそうです。

参考:felicity、参考:FUDGE.JP

 

ちなみに文学ってつけてるけど、塩塚さんは活字見ると目が回ってたようですよw

 

まとめ

  • 羊文学は男女混合のスリーピースバンド
  • 塩塚さんは23歳、ゆりかさん・フクダさんは22歳
  • 「羊」って使いたかったのと音楽だけじゃないことを表現したかったから「文学」で、あわせて「羊文学(ひつじぶんがく)」
  • 結成当時は5人組のガールズバンドでコピーバンド、スリーピースになってからオリジナル曲を作るようになった
  • 2020年のFUJI ROCK FESTIVALに出演決定

実は私、羊文学って塩塚さんひとりだと思ってましたw

塩塚さんの声はやさしくてやわらかい感じでとても聴いてて心地よいんですよね。

またその声に合わさってくるサウンドがまたいい!

そんな2020年ブレイク必至と言われている羊文学の活躍を期待して、これからも応援していきたいと思います。

 

公式サイト 羊文学(ひつじぶんがく)