お手入れや掃除がしやすいサーキュレーターは?効果的な使い方もチェック!

スポンサーリンク
生活

一昨年買ったサーキュレーターがスイッチをONしても回らなくなっちゃった。

一年中使っていたからだと思うけど、実質使った期間は1年半。

設計上の標準使用期間の想定時間は

  • 1日8時間
  • 1年間で110日運転すること

らしいので、まぁ標準使用期間5年なら壊れてもしようがない?のかぁと思っています。

「夏でも冬でもサーキュレーターを使って快適に過ごせます!」とかうたってるわりには、耐久度低すぎると思うのは私が使いすぎているからなのかもしれないけど、ちょっと割に合わないとも思ってます。

 

そこで今回は耐久性があるのはもちろんのこと、お手入れや掃除がしやすいことが一番のポイントなので、星の数ほどあるサーキュレーターの中からこれなら!という製品を私独自の目線でランキングしました。

スポンサーリンク

サーキュレーターを選ぶときの基準

そもそも扇風機ではなく「サーキュレーター」を選ぶ理由としては、部屋の中の空気の循環が一番の目的です。

そしてうちでは次の3つに重点をおいて選んでいます。

  1. お手入れ・掃除がしやすい
  2. どこまで分解できるか
  3. 音は静かか

 

お手入れ・掃除がしやすい

毎日部屋の空気の循環のために使うので、当然ほこりがたまります。

前ガードがはずれることは当然、羽根が外れるものがあれば最高です。

一番ほこりがたまるのは、ガードではなく羽根の後ろのモーター部分にたまるので羽根がとれないことには掃除がしずらいんですよ。

 

ほこりがたまりやすいところ

 

今まで使っていたものも羽根がとれなかったので、綿棒や割りばし、竹串などいろんなものを使って掃除していました。

 

掃除機のすい出し口が細いものを買えばいいのかもしれませんが、からまりついている髪の毛が掃除機でとれるのか?という疑問もあったので買ったことはないです。

 

スポンサーリンク

 

どこまで分解できるか

お手入れ・掃除がしやすいところでもいいましたが、前ガードだけはずれても掃除はむずかしいのです。

私の希望としては

  • 前ガード
  • 羽根

ここまで外れるものが最高なんです。(分解するの好きなんでw)

 

でも基本的にサーキュレーターは扇風機のように羽根が取れるものがほとんどないです。

たぶん設計上の安全面からだと思われます。

 

音は静かか

冬場はあたたかい空気を循環させているので寝るときに使うことはありません。

しかし夏場は寝るときはクーラー2時間タイマーにセットし、サーキュレーターの風を壁にあてて部屋の空気を流しているので、音がうるさいと寝れないのです。

 

モーターものなので仕方ない部分もありますが、床においていると「ぶぃーーん」と静かに床から響いてくるのが不快なんです。

 

まぁ、それは仕方ないですけど。

 

「弱」で羽根のまわっている音が気にならないというのがうちの「静か」という基準ですね。

 

お手入れ・掃除のしやすいサーキュレーターは?

うちの購入基準をふまえて今回探してきたもののランキングです。

早見表 ※本体サイズ(約):幅×奥行×高さ

1位2位3位4位5位
メーカーツインバードドウシシャ山善SISベルソス
型番KJ-D997BFCU-194DYAR-VL1843DC-S0901VS-S70
特徴横8の字首振りで空気を立体的に循環させる360度回転
DCモーター
アロマケース付
静音モード搭載DCモーター羽根なし
本体サイズ(mm)220×290×330225×200×335332×243×353290×240×340305×283×350
重量(約kg)2.71.62.91.81.9
消費電力50/45W18W37/33W24W26W
はずせる部分前グリル・羽根前ガード・羽根前ガード前ガードなし

 

1位 ツインバード KJ-D997B

うちでイチオシの製品はこちらの横8の字で首振りし、空気を立体的に循環させるというサーキュレーターです。

なんといっても、前グリル・羽根がはずせるというのが一番のポイントでした。

  • 風量3段階
  • 首振り機能有(横8の字首振り)
  • 風向調節:上下(55°・72.5°・90°)
  • リモコンなし
  • タイマーなし

 

2位 ドウシシャ PIERIA FCU-194D

お手入れ・掃除しやすさでは一番いいと思います。

もちろん、前ガード・羽根ははずれます

一般的にねじをはずしてから前ガードをとるというのが多い中、これは前ガードを左に回してひきぬくだけという簡単な仕様なんです。

  • 風量4段階
  • 首振り機能:左右自動(30・90・180・360°)、上下自動(90度)
  • 風向調節:上下
  • リモコン有
  • タイマーON/OFF(1・2・4・8時間)有
  • アロマケース付

 

3位 山善 YAR-VL184

この製品は静音モード搭載だったので候補にあがりました。

しかもリモコンのみでもすべての操作ができることはちょっとひかれました。

 

ただ、お手入れに関しては前ガードをプラスドライバーでネジを外さないといけないのでこのランクになりました。(羽根もとれないし)

 

  • 風量:3段階調節
  • 首振り機能:上下左右
  • リモコン有
  • 切タイマー有(1・2・4時間)
  • 電気代目安:1時間あたり1.0/0.9円(50/60Hz)
  • 前回運転終了時の状態で運転を開始するメモリー機能付

 

4位 SIS 3DC-S0901

こちらは風量が8段階とその時々に応じた風量で使えそうとおもいこのランクです。

ただ、本体に液晶パネルがついているので、ずっと光っているとちょっと困るかも…とおもったので低いのです。

  • 風量:8段階(無段階ダイヤル式)
  • 首振り機能:左右上下
  • リモコン付
  • タイマー付
  • 本体液晶パネルにサーキュレーター周囲の温度が表示される

 

5位 ベルソス 羽根なし サーキュレーター VS-S70

この製品は羽根なしの製品ということで候補にあがりました。

羽根がなければガードもいらない(危険がないから)ので、当然お手入れや掃除もラク!と思ったのですが、口コミをみると「風が弱い」というのが多かったので残念ながら、このランクです。

 

まぁ羽根なしサーキュレーターでこの値段だったら相応ではないかな?という口コミもありました。

 

たしかにダイソンとかにくらべたら格段に安いですからね。

 

  • 風量:7段階
  • 首振り機能:左右自動(90°)、上下手動(180°)
  • リモコン付
  • オフタイマー付(60・120分)
  • 卓上、壁掛け、サーキュレーターとして使用できる
  • ホワイト・ブラック・ブルーの3色

 

ちなみにダイソンはこちら

 

サーキュレーターの効果的な使い方

サーキュレーターは空気を循環させるためのもので、人に風をあてて涼しくなる扇風機とは目的がちがいます。

空気を循環させるために、強くまっすぐ進む風をだすことができるサーキュレーター。

冬場は天井付近にたまっている暖かな空気を部屋全体へ循環させることができ、夏場には床付近にたまっている冷えた空気を部屋全体に循環させることができます。

だから季節によってサーキュレーターの効果的な使い方がちがってくるのです。

 

 

手っ取り早く部屋の空気を循環させるなら「天井に向けてサーキュレーターをつける」「壁際で壁に向かってサーキュレーターをつける」などあります。

 

暑い夏に外から帰ってきて部屋の中がむぁっと暑いときありますよね?

 

そんなときは、窓をあけてサーキュレーターを外に向けて「強」にして5分くらい使うと、部屋の中の暑い空気を外に出してくれるので、その後にエアコンをつけた方が部屋を冷やすには効率的です。

 

ふゆち

換気扇と同じ役割だね

 

お手入れや掃除するときにあると役立つもの

今までサーキュレーターを掃除してきた中で「これはあったほうが便利!」というものを紹介します。

  • 綿棒
  • セスキリビング用おそうじシート
  • ツマヨウジ
  • 竹串
  • わりばし

掃除機はお手入れ・掃除の最初に使います。

 

そのあとは上にあるモノでちまちまとホコリをとっていきます。

 

セスキリビング用おそうじシートは油汚れがついていてもふくだけできれいにとれるので重宝しますよ。

 

綿棒、ツマヨウジ、竹串、わりばしと長さの違うものを用意するのも奥のホコリをとるコツになります。

 

お手入れや掃除がしやすいサーキュレーターは?のまとめ

 

羽根のないサーキュレーターが意外と手頃な値段でもあるということがわかりました。

 

気付いた方もいると思いますが、今回ランキングの中にアイリスオーヤマは入っていません。

 

それは今回壊れてしまった製品だったからというのもありますが、うちではアイリスオーヤマの製品の耐久性がとても低いんです(ハズレ品ばかりひいてるかもしれませんが)。

なので、最初からアイリスオーヤマの製品はなしで考えていました。

 

製品としてよいものもたくさんありますが、どうしても耐久性の面からうちでは信頼度が低いのです。(本当に個人的な感想・意見です)

 

家電はメーカーや製造国にこだわりをもつ人も多いと思いますので、自分たちのこだわりにあった製品を選ぶことが一番だと思います。

 

サーキュレーター購入の際の目安になればうれしいです。

error:Content is protected !!