中秋の名月って英語でなんていうの?お月見や十五夜・十三夜も調べてみた

スポンサーリンク
生活

涼しい風と共に虫の声が聞こえてくると、暑い夏が終わったなと一息つく頃に訪れるお月見シーズン。

すごしやすい夜に月を愛でるのは昔からの日本の風習ですよね。

海外からの旅行客も多くなってきている昨今、中秋の名月やお月見について英語で説明する機会も増えてくるのではないでしょうか。

そこで

  • 中秋の名月
  • お月見
  • 十五夜・十三夜

について英語でなんていうのか、どんな風習なのか、わかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

中秋の名月って英語でなんていうの?

はい、ずばりこれ。

 

Harvest moon

 

エキサイト翻訳にかけてみると「秋の月」とでましたw

「Harvest」とは収穫という意味なので、中秋の名月はこの時期に収穫された農産物の豊作に感謝してお月見団子や里芋などをお供えします。

また、この後収穫するお米の豊作を祈り、お供えをするとも言われています。

 

収穫祭イメージ

 

なんで「中秋の名月」というの?

中秋」とは旧暦(陰暦)8月15日をさします。
この時に見れる月は1年の中で大きくきれいに見えることから「名月」と呼ばれるようになりました。

また「仲秋」と書かれている場合もありますが、「仲秋」とは旧暦(陰暦)の8月のことをいいます。

季節は4つに分けられ、その中でも3ヶ月ごとで区切った呼び方があるんです。

季節は「春・夏・秋・冬」ですよね。

3ヶ月ごとに区切った呼び方とは「初・仲・晚」です。

1月/初春(しょしゅん)2月/仲春(ちゅうしゅん)3月/晩春(ばんしゅん)
4月/初夏(しょか)5月/仲夏(ちゅうか)6月/晩夏(ばんか)
7月/初秋(しょしゅう)8月/仲秋(ちゅうしゅう)9月/晩秋(ばんしゅう)
10月/初冬(しょとう)11月/仲冬(ちゅうとう)12月/晩冬(ばんとう)

しかし、今では「中秋」も「仲秋」も同じ言葉として扱われていますので、さほど気にしなくてもいいかもですね。

意外と聞いたことのある言葉も出てきましたね。

 

ちなみに旧暦と太陽暦の違いはこのようになってます。

旧暦
(陰暦)
月の満ち欠けを基準にしているこよみ
1年354日
3年に1度、うるう月
お正月は立春(現在の2月4日)なので現在と1ヶ月ずれている
太陽暦
(グレゴリオ暦)
現在一般的に使われているこよみ
1年365日
4年に1度、うるう年
お正月は1月1日

旧暦の時はうるう月というのがあったんですね。

そうすると1年13カ月か~。現在に残っていたらカレンダー大変ですよね~。

 

お月見は英語でなんていうの?

はい、こちら。

 

Moon viewing

 

欧米諸国ではお月見の風習がないので、不思議に思われる方も多いようです。

「なんで月見るの?」←そぼくな疑問w

「きれいだからだよ」←これで通じればよいけど、たぶん通じないでしょうw

 

それは何故かというと「月」に対するイメージが日本と欧米諸国では違うからなのです。

日本で「月」というと

  • お月見
  • 朧月夜
  • 月にうさぎがいる

など、ちょっとロマンチストなものが多く、イメージとしては良いですよね。

 

しかし欧米諸国で「月」というと

  • 満月は人の心を狂わせる
  • 月に男がいる
  • 満月を見ると狼男になる

など、日本とは違ってちょっと不気味というか怖いというイメージが強いですね。

また英語にはルナティック(lunatic)という言葉があり、狂人・精神錯乱者という意味があります(語源は月の女神luna(ルナ))。

そのためか日本の「お月見」をする風習を理解することが難しいようです。

 

スポンサーリンク

十五夜と十三夜は英語でなんていうの?

十五夜(じゅうごや)=満月 full moon

十三夜(じゅうさんや) the moon thirteen

 

ちなみに十五夜と十三夜、どちらか片方だけお月見をするのは「片月見」といい、縁起が悪いと言われているんです。

なぜ縁起が悪いのかは諸説あるようですが、江戸時代吉原の客寄せの一環として生まれた言う説やもともと十五夜と十三夜はペアとして扱われた行事だったため、縁起事を大切にする江戸の人たちの間で、片方しか月見をしないと「片月見」とよび縁起が悪いとする説があります。

 

十五夜は有名なので知っている人は多いでしょう。

でも十三夜ってあまり聞きなれないですよね?

 

十三夜は十五夜の次にきれいな月と言われています。

そして、お月見は十五夜の次に十三夜とおこなうものなのです。

数字の大きい順ではないんですね~。

 

まとめ

中秋の名月や十五夜・十三夜を英語で言うと

  • 中秋の名月 Harvest moon
  • 十五夜 full moon
  • 十三夜 the moon thirteen

となります。

ちなみに

2019年の中秋の名月は、9月13日です。(旧暦8月15日) ※満月は9月14日です

2019年の十三夜は、10月11日です。(旧暦9月13日)

 

お月見の時は、お月見だんごや、すすきをお供えして月を眺めます。

十五夜と十三夜がペア行事だったということもわかったので、今年からは秋の夜長に2度のお月見を楽しみたいと思います。