2019年中秋の名月はいつ?読み方と意味や食べ物について調べてみた!

スポンサーリンク

猛暑続きの夏が終わりを迎えて、秋の夜長を楽しむ頃のお月見。

「お月見」といえば「中秋の名月」ですが、こんな疑問を持ったことはないですか?

  • 何て読むの?
  • 由来や食べ物ってどんなものがあるの?
  • どんな行事なの?

今回はこれらの疑問をわかりやすくお伝えしたいと思います。

 

2019年中秋の名月はいつ?

2019年の中秋の名月は 9月13日(金) です。

「名月」=「満月(十五夜)」ですが、残念ながら今年は満月ではないのです。

 

ふゆち
ふゆち

15日が十五夜だと思ってたのは私ですw

 

満月は翌日の9月14日(土)なのです。

それは単純に月の満ち欠けが15日ときっちりなっているわけではなくて、約14.8日のためずれが生じてしまうためです。

2019年のように満月と「中秋の名月」がズレることはよくあります。

ですが、1年の中で最も美しいとされるお月見ができるのもこの中秋の名月です。

 

 

中秋の名月の読み方は?

ちゅうしゅうのめいげつ」と読みます。

昔、季節ものとして里芋の新芋を供えたところから芋名月とも呼ばれます。(諸説あります)

芋名月以外にも、栗名月豆名月とも呼ばれることがあります。

 

中秋の名月の意味と食べ物について

中秋の名月の意味

「中秋の名月」とは農業と結びつきがあり、秋の収穫の感謝の気持ちを込めるとともに、翌年の豊作を願う意味が込められているといいます。

また中秋の名月を見る習慣は平安時代に中国から伝わったという説があり、当時、貴族たちが月を眺めて歌を詠んだりしながら宴を楽しんでいたようです。

一般的にお月見が行われるようになったのは江戸時代からといわれています。

 

[ad]

 

中秋の名月の食べ物

中秋の名月のお月見には

  • ススキ
  • お月見団子

がお供え物としてあります。

一般的なお供えの仕方は、月からみて

左側にススキ

右側にお団子

がよいとされています。

 

ススキは茎の中が空洞のため、古くから神様の宿り場と考えられていました。

そのため、魔除けとして飾っています。

その他稲穂に見立てて飾っているとも言われています。

 

お月見団子はお月見が終わってから食べることで、健康や幸せになることができると考えられています。

それは秋の収穫物である里芋を供える地域があったという説があり、里芋に形を似せるために丸い団子を作ったとか、丸い団子で月を表しているとかいくつかの説があります。

お団子の数は十五夜なので15個お供えすることが多いそうです。

 

ちなみに中国では、お月見団子ではなく月餅(げっぺい)を満月に見立てて食べるそうです。

お供え以外に何かを食べるということは特にないようですが、折角なので秋の味覚を楽しめる献立などを考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

秋風が気持ち良く感じられるころに見られる中秋の名月。

1年の中でもっとも美しいといわれている名月。

2019年は9月13日(金)に見られます。

天候に恵まれ、美しい名月をみんなで眺められるといいですね!